地獄とはなんだ?

「地獄とはなんだ?」

 

私が仕事を辞めて、

何をやろうかと悩んでいたとき

姿勢の悪さや体の冷えからくる

腰痛になり整骨院に通ってました。

そちらの先生は、話をしながら診るだけで

いろんな不調の原因を教えてくれるれ

治してくれる腕のいい先生です。

 

ちょうど6月の梅雨時期も

重なっていたのですが

その先生から「梅雨時期だから

誰でもそうなるけど、自律神経が乱れてるね」

って言われていたんです。

その先生とは長い付き合いなので

「こんなにひどいの初めてだよね」

そういえば、自律神経のことなんて

言われたことないな、と。

が、夏になっても

「まだ乱れてるね。

なにか辛いこととかストレス感じてる?」

考えてみれば、前職がストレスだったけど

それはもう辞めてるしなー

と自分でも思い当たらず。

確かに体が重く、調子がいいとはいえない感じ。

とにかく、やりたいこと、好きことの勉強とか

するといいよってアドバイスもらってました。

そしてメンタルドッグコーチの養成講座で

中西典子さんに出会ったのです。

 

それから、あまり読まなくなっていた

本を読み始めたり、愛犬との関係も

ますます楽しくなっていたころに整骨院に行くと

何も言わないのに、体少し診て先生からひと言

「やりたいこと、見つかったんだね」

って。この先生すごーーーい!

とともに、体ってすごーーーーい!

と思った出来事でした。

 

 

「地獄とはなんだと思う?」

ある札幌のお寺の住職がある少年にたずねました。

「それはやりたいことができないことだ」と

教えてもらったそうです。

その少年はのちに旭山動物園の園長になります。

(旭山動物園前園長 小菅正夫氏)

そこで動物園で動物本来の行動ができるようにと

動物園を改革されて有名になった方ですよね。

 

やりたいことができない

やりたくないことをやらされると

人はうつ状態になったり、

病気になったりします。

 

では家にいる犬はどうでしょうか?

 

犬の脳と人の脳のつくりはよく似ています。

脳は大きく分けると3つに分かれていて

 

①一番上の大脳新皮質といって理性を司る脳です。

(例:隣の子のお菓子は食べないでおこう。僕のじゃないから)

 

②真ん中に大脳辺縁系といって感情を司る脳です。

(例:隣の子のお菓子がおいしそう。食べたい)

 

③中心に脳幹といって生命を司る脳です。

(例:心臓を動かす。呼吸する)

 

犬の場合は理性の脳①は

あまり発達していないそうです。

②の脳でやりたーいということを

①の脳で抑えようとします。

犬の場合は①で抑えてしまうのは

飼い主さんになります。

犬のやりたいを「ダメー!それもダメー!」

で抑えたとしましょう。

 

するとそのストレスは消化されず

近くにある③の脳にも影響します。

③の脳は生命を司る脳です。

生命維持のためには自律神経が内蔵、

血管の働きをコントロールするもので

自分の意志ではコントロールできません。

 

これが続くとどうなるでしょう?

犬が「いやだ!」ってほえてるのに

人間が「うるさい!」って黙らせていたら?

 

犬が「いやだ!」って噛んでいるのに

人間が「ちゃんとお洋服きて!」

って無理やり洋服きせてたら?

 

自律神経の働きは

精神(精神的な変化から現れる身体反応)

神経(体温を一定に保つ)

内分泌(ホルモン分泌、体の働きを促す)

免疫(ウイルスに対する抵抗力、病気の予防や治癒)です。

 

体に影響でませんか?

 

 

私も身をもって体験しました。

嫌なことするのは、

かなりのストレスです。

 

それがなくなっても

体調はなかなか戻りませんでした。

わくわくして、やりたいことやれて

ようやく私の体は正常に動きだしました。

 

犬のやりたいこと、やらせてあげたいです。

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

引っ張りっこ大好き!

次の記事

幼稚園の砂場で学ぶ