言霊(ことだま)

日本には言霊(ことだま)といって言葉に魂が宿る

という思想があります。

 

十数年前に、幼稚園の先生から、一冊の本を紹介されました。

 

「水は答えを知っている」  江本 勝

 

水を氷結させてその結晶写真を撮るというものです。

メンタルドッグコーチの養成講座で

この本の話が出てきたので、読んでみました。

 

 

水に美しいクラシック音楽を聞かせると、

それぞれの曲の個性発揮しながら

美しい結晶をつくるのです。

怒りと反抗の言葉に満ちたヘビーメタルを聞かせると

結晶はバラバラに壊れた形になってしまうそうです。

では水に言葉をみせたら?

ガラスの瓶に水を入れ、言葉を書いた紙を

水に向けて貼り付けるというのです。

ひとつは「ありがとう」

もうひとつは「ばかやろう」

 

 

驚くべきことに「ありがとう」という

言葉をみせた水の結晶は

六角形のきれいな形をつくりましたが、

「ばかやろう」の言葉をみせた水の結晶は

結晶がバラバラで砕け散っていたんです。

英語、ドイツ語などの言葉でも

同じような結果がでたそうです。

 

また、「しようね」と

「しなさい」の言葉を見せると

前者は形の整った結晶となり

後者は結晶ができなかったそうです。

 

人間の体は70%が水でできています。

子どもならもっと多いですよね。

この話を幼稚園で聞いたお母さんたちからは

「いやーーー」と悲鳴があがってました。

私も「やべ~!」と思ったのを

覚えています。(笑)

 

犬の体の水分量も成犬で60%ぐらいと言われてます。

ということは、影響あるに決まってますよね。

それを「犬のリーダーであるべき!」

なんて古くさい考えで

犬に強い言葉で命令したら?

考えただけで恐ろしいです。

 

ではどうすればいいんでしょう?

お願いしてみましょうか?

「~~しなさい!」ではなく

「~~しようね。」「~~してね。」って。

できるだけ優しい口調で。

 

本には結晶の写真がたくさんのっていたので

百聞は一見に如かず

見ていただけると言葉のパワーに驚かされますよ。

 

 

 

Follow me!

次の記事

引っ張りっこ大好き!